読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

症例のーと

医学部5年生になりました。ポリクリ実習中です。病気に関する本、実習で勉強したことを書いています。現在コツコツ書き直し中です。

急性骨髄性白血病(AML) 吉井怜さんの闘病記。 告知と説明について。 AMLの治療・症状・予後

※血液内科を実習でまわり、勉強をして本も読んだので、記事を書きなおしました!

急性骨髄性白血病

神様、何するの…―白血病と闘ったアイドルの手記

神様、何するの…―白血病と闘ったアイドルの手記

この本は人気絶頂のアイドルだった時に急性白血病(M5)になった吉井怜さんの闘病記です。アイドルでこれからという大事な時期に、まさかの血液のがんといわれる、白血病。しかも提示された治療が‥究極の二択。

☆骨髄移植をして完治率70%にかける。こっちを選ぶとGVHDが起こり肌が変色してしまったりしたら、タレント活動に復帰できないかもしれない。そして不妊になり、子供を産めなくなってしまう。

☆化学療法の完治率30%にかける。こちらを選ぶと再発率がぐんと上がる。しかし再発した場合、移植手術をしても生き残れる可能性は1割ほど。外見は変わらないので完治さえすれば確実に仕事ができる。


結局、吉井さんは骨髄移植の道を選択され、二年の治療の後芸能界へ復帰、結婚もされています。
高校生くらいの年に究極の二択を迫られる‥。考えるだけで頭がパンクしてしまいそうです‥。

そして今回この本を読んで一番思ったのが治療うんぬんよりも、やっぱり医師が患者さんに説明するときの伝え方は、思っている以上に大切だということです。
以下は吉井さんが骨髄移植の治療について、話を聞いた二人の専門医の言葉と( )内は吉井さんの感じた気持ち、心の声です。
どっちのお医者さんに治療してもらいたいでしょうか。。


★【移植専門医A】
「あなたの白血病のタイプからいうと移植をすすめますね。医師が百人いたら百人全員が移植手術を勧めますよ。」(どの先生もそういうけど、なんでよ!)

「今の寛解状態で移植を行えば60~70%の確率で完治します。そして化学療法で完治する可能性は30%です。」

「もし再発後、寛解状態にはいれないまま移植したら、成功率は1桁です。この状態で再発したら‥(紙に十字架をかく)」(ちょっと待ってよ!いくら先生でもそんな表し方ってあり?私が死ぬって言いたいわけ?)

「(ささっと十字架を塗りつぶす)なのでね。移植手術をするのには今が一番いい時期なんです。」

「お渡ししたプリントにも書いてある通り、まず大量の抗がん剤を投与してから、放射線照射をします。そして健康な方からの骨髄を点滴で入れていきます。そのために、1カ月まえから入院していただいて、問題がなければそのまま移植手術を行います。(その間も、ドナーと骨髄細胞が一致していても、GVHD(移植片対宿主病)という拒絶反応がでる、とか拒絶反応がどうゆうものかやってみないとわからないということを淡々と他人事のように話す)」(一つ一つがものすごく気になるのですが!!)

「移植をすると、二年後の白血病再発率は5%以下と言われています。」(それだったら移植手術をする価値はあるかも‥)

「あ、それと不妊になります」(ちょっとまってよ!不妊はいくつもある放射線治療の副作用のなかで一番ひっかかっていたことだった。いつかは心の底から愛せる人と会って、子供を産んで‥と考えていた。たった一言で私の将来を打ち砕いてしまうなんて、いくら何でもひどすぎる。)

「吉井さん。ちゃんと話聞けてる?」(凍り付く。わんわん泣き叫んでも発狂してもいないのに。話を聞いているのはわかるはずなのに。悔しい‥!)


【移植専門医(横浜にあるがんセンター血液内科の岩垣先生)】
専門医A先生と話しの内容は変わらないが、一方的に話すのではなく、反応を見ながら、一つ一つを丁寧に細かく説明。その後‥

「これは、ずっと残ってしまう大きな問題なのですが‥」(え!ずっとってまだそんな大きな問題があったの?)

「それは、女性にとって大きな問題です。‥不妊になってしまうんです。」(不妊になることでなく、その事実をこんなに大切に話してくれたことに驚く。)

「化学療法でここまで順調なら、再発してから移植手術を行うという考えもあります。」(移植を決意したが、決意がぐらつく。心の奥底に封印したはずの未来への子供への思いがよみがえる‥)



専門医A先生のように‥、忙しすぎて患者さんを思う気持ちを忘れてしまったら、本当にいけないんだなって、思いました。たったこれだけの会話で、人の一生を左右してしまう言葉を発せる医師という仕事の重さをちゃんと考えて、これからはちゃんと勉強していこうと思いました(*_*)

急性白血病についてまとめていこうと思います。



【急性白血病(AML)】
25歳女性
・発熱と全身倦怠感
・四肢に紫斑ができる
・リンパ節腫脹なし
・肝、脾触知なし
赤血球203万↓(正常約400万から500万)
・Hb6.5↓(正常約14-18)
・Ht20%↓(正常約40-50)
・白血球16300↑(正常約4000-9000)
・芽球は20%以上あり、MPO陽性

国家試験問題例↓
medu4.com

★病態
幹細胞の遺伝子変異→骨髄系前駆細胞(好中球とか好酸球とかなる前の細胞)が様々な段階で分化を停止→芽球↑↑(できそこない)、正常細胞↓
☆血小板が減る!(CMLは血小板は正常値のことが多い)

★症状
・貧血、発熱、出血傾向(血小板↓)

★治療
☆分類により、異なる。
基本は化学療法。骨髄移植を行うかは、状況によって決める。
現在は抗がん剤による副作用で、若い女性が特に出やすい、吐き気を抑えるクスリや、他にも副作用を軽減させる薬が増えたため、治療がだんだん良くなってきている。

◎t(15;17)でおこるAML(APLとよぶ)
←染色体15と17の転座
・FAB分類ではM3。
・DICおこしやすい→DICに対して治療
・新しい治療により予後良好
→レチノイン酸の投与をするATRA療法(分化誘導法。できそこないはそれ以上生育させず、正常なものだけ↑)と化学療法の併用

◎それ以外のAML
・多剤併用化学療法(アンスラサイクリン系、~ビシン、DNAと直接結合し転写妨げる)+(Ara-C、分子構造似てて核酸にとりこまれ合成阻害)で、できそこないの白血球を叩きのめす→造血幹細胞移植、薬物療法


cf.FAB分類(芽球の形とか染まり具合での分類、M0、M1…)→新WHO分類
となり、治療効果が出やすい型
M3:t(15;17)M2:t(8;21)M4:inv(16)は別になったのでわかりやすくなった。

★他
・M2(t(8;21))が一番なる人が多い。(予後はよい)

★著名人
夏目雅子(M1)
吉井怜(M5)
・渡辺健(M2)
市川團十郎(APL)…

★参考、関連
吉井怜さんの記事
gansupport.jp

・患者さんのブログ
ameblo.jp

・がんプロ.com
急性前骨髄球性白血病 | がんプロ.com

白血病の芸能人
redf2007.seesaa.net

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村