読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

症例のーと

医学部5年生になりました。ポリクリ実習中です。病気に関する本、実習で勉強したことを書いています。現在コツコツ書き直し中です。

デフ・ヴォイス 日本手話と日本語対応手話の違い 淋しいのはアンタだけじゃない 佐村河内さんと難聴

最近本屋さんでこの本を買いました。ミステリー好きなので気になって。 

 

デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士 (文春文庫)

デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士 (文春文庫)

 

 デフというのは「deaf」のことで、耳の聞こえない人という意味です。主人公は、親は耳が聞こえないが子供である自分は聞こえるという「コーダ」で、小さいころからその環境に慣れていたため、あまり耳の聞こえない人と接したことがない手話通訳の人が使う日本語対応手話、耳の聞こえない人が使いやすい日本手話をそつなく使いこなすことができました。‥あんまり書くとネタバレなのでやめますが、最後まで展開がわからなくて、最後の方はじゃがりこ食べてるみたいにやめられないとまらない、状態でした(笑)障害をどうみるか、どのように接していくか、とうのが一つのテーマだったと思うのですが、沁みました。

 

恥ずかしながら、手話に種類があることをこの本を読んで初めて知りました。また難聴を持ちながら手話を話せない人も多くいることも。そして中途失調者と呼ばれる先天性のろうでなくて、途中から聞こえなくなった人や、重度難聴でもない中程度の難聴の人の微妙な立ち位置なども。

 

耳鼻科でポリクリ実習していた時に、難聴の方とお話しさせてもらう機会が多くあったのですが、難聴は本当に人によって様々という印象でした。熱が出てから聞こえが悪く耳鳴りとめまいがするようになったおばあちゃん、未熟児で生まれて発達障害もある先天性真珠腫の男の子、電話応対の仕事中などずっと話しているとだんだん聞こえが悪くなってくるというのが主訴で来院された若い女性の心因性難聴の患者さん‥など、原因も先天性、後天性、心因性‥なものと様々でした。そして、中程度の難聴の患者さんや、心因性の難聴、耳鳴りが主訴の患者さんだと病院でも検査のしようがない、という感じでたらいまわしになったりということも少なくないようでした。。話を聞くときには共感の態度が大切って教わるのですが、本当の聞こえの程度がわかるのは本人だけですからね‥あと言葉にも限界があるので‥とてもむずかしかったです。

 

手話のこと、難聴のことをもっと知りたいなと思って、kindleで日本手話と入れたら思いがけずめちゃいい漫画に出会いました。

 

耳が聞こえない様々な程度の難聴の方を取材して書かれた漫画です。吉本浩二さんの漫画は読んだことなかったのですが、「さんてつ」という大震災のノンフィクションも漫画にされているみたいで、今読んでいます!

 

耳鳴りって話を聞いただけではあまり実感がわかなくて共感があまりできてなかったのですが、漫画で見るとすごくイメージがわきました。また重度の難聴の方でも漫画のふきだしによくある「シーン‥」とか、「バーン!」とかそういう音の描写はすごく面白い、勉強になるっていう場面があったのですが、コミュニケーションをとる時に、こういうことも考えてやっていきたいと思いました!(^^♪ 

 

この漫画のタイトルどおり、たしかに、眼が見えない、足が悪い、などは見た目でわかるけれど、耳が聞こえないというのは周りから見たらわからないし、それを笑顔でだましだましで頑張って、毎日の生活を生きていくということは 、考えたらとても淋しいとおもいました。でもどんな状況になっても、人間っていろんな人にささえてもらって生きているんですよね。病院や診療所、もちろんそれ以外のいろいろな場面を見たり感じたりしてきましたが、それがだんだんわかるような年齢になってきました(笑)

 

あと佐村河内さんがでてきたのには、かなりびっくりしました。マスコミの報道ではゴーストライター騒動がピックアップされて、聴覚障害の程度や検査方法などはほとんどわからなかったですもんね。。ABRという脳の聴覚をつかさどる神経がどれくらいちゃんと機能しているかをみる検査があるのですが、その自分ではどう頑張ってもごまかしがきかない検査で、中程度の難聴と診断をうけたようです。また検査をしたとしても聞こえには個人差があるし、耳鳴りなどの程度も人によるので、中程度っていっても中なのかどうかもあやしいのですが‥

 

いまの日本では重度難聴にならないと障がい者手帳がもらえない事もはじめて知りました。また佐村河内さんのことを複雑な思いで見ていた中程度の難聴の方もいるということも。知っておかなければならないなと思いました。

 

☆日本手話と日本語対応手話の違い

blog.goo.ne.jp

中途失調者の方のサイトです。日本手話と日本語対応手話について、易しく解説されています。その他にも生活で困っていることや気持ちなどがつづられています。

 

 

突発性難聴については前に調べて記事をかいてみています。↓

funas.hatenablog.com

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村