読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

症例のーと

医学部5年生になりました。ポリクリ実習中です。病気に関する本、実習で勉強したことを書いています。現在コツコツ書き直し中です。

医学部ってどんなところ? 勉強・恋愛・結婚・留年事情 医学部 6年間 生活 【新入生向け】 【受験生向け】 

 新歓シーズンがやってきましたね。

私も5年生になり、ちょっとあせっています笑

春休みあそんでたので笑 そろそろまじめにならないとですね…!

 

このブログは勉強のために書いたり、放置したりしていたのですが、CBTの勉強法を書いた記事がアクセスがとっても伸びているので、、5年生になった振り返りとして、ちょこっと自分自身をさらけ出しつつ、医学部の6年間の生活、いったいどんな人がいて、部活とか勉強とかどうしたらいいのか、留年、恋愛、結婚についてなどなど気になるところを、書けるところまで…書いてみようと思います。塾のバイトしているのですが、お話しすることも多いので笑

 

あと私が唯一医学部生活ですごい!と誇れるのは、試験に一度も落ちてないことくらいなので笑(結構どうやってたのー?ってきかれるので。。)勉強方法についてはきちんと書いていこうと思います!笑

 

 

【医学部ってどんな感じなのか?】

私は地方国立の医学部です。参考までに。。

うちの学年は女子は3割程度。浪人生や再受験生も入りやすいほうなので、二浪は結構多く、三浪から上になると人数は減りますが、再受験生や学士さんや留年生も合わせると、学年の4割くらいは年上の構成です。(二浪~再受験生、留年生。多浪はうちの学校だと7浪までなら聞いたことはあります)年上の人の占める割合、多い方だと思います、、おかげで本当にいろんな人がいて面白いです。

5年生になりましたが、ここまでくるともう年上とか年下とかあまり気にしなくなりました!普通にタメ語で話す人もいます。

 

まあ具体的には、どんな人がいるかというと…。

部活生で部活一生懸命している人、バックパッカーで海外旅行によく行くためがちでバイトばっかりしている人、毎日のように飲み会している人、結婚していて子育てに奮闘している人、海外の大学を出ているとかで英語ぺらぺらで論文も読みこなせるハイスペックな人、薬剤師の資格も持っているので週末は学費を稼ぐために仕事している人、彼氏や彼女と同棲や半同棲していて幸せそうな人、ゆるーく研究会だけ入ってのんびりしている人、個人で武道や習い事をしている人、家や学校ではほぼゲームしているゲーマー、アニメや動画を見まくっている人、筋トレをストイックに頑張ってる人、まじめに夜まで図書館で勉強している人、バーテンや夜のお仕事かじっていてお酒めっちゃ詳しい人、研究室にいろんな理由で入り浸っている人、資格めっちゃたくさん持っている人、本業が釣りっていうくらい海に入り浸ってる人、、本当にさまざまです。ほかの学部より人数が多く、年齢構成や医学部に来るまでの道のりも幅広いと思うので、本当に話聞くと面白いと思います笑

 

 向井理さんのとっても若かりし頃がみれるこの映画なのですが、なんとなくイメージはこんな感じです。阿部寛が解剖の先生としてでてて、かなりびっくりしました。見たことない人は見てみるといいと思います。勉強になります!

元になった本の、原作者さんは当時医学生、現在は医師として働いている、葉田甲太さんです。学生の頃に偶然見たカンボジアに小学校を建てるチャリティーのポスターを見て、仲間を巻き込んで、クラブイベント笑で資金を集めて、本当に建ててしまったという話です!

医学部ってなんだかもっとまじめなイメージあったんですが、ほんとにこんな感じかなーって思います。こんなにいけめん、いないけれど笑 そして、こんなに大きな考えもってしかも学生のうちに成し遂げてしまう人はなかなかいないと思いますけども、考え自分なりに持っていて、将来すごくなりそうな気配を持っている人は周りには結構多いので笑

 

☆1年生~3年生

いすに座って、ひたすら講義を受けます。

・一般科目(英語、歴史、化学、物理、統計など)

・基礎科目(解剖、組織、神経解剖、生理学など)

・臨床科目(循環、内分泌、眼科、泌尿器、呼吸器など)

 

一般の授業は、ほかの学部の生徒と同じ、単位をとっていく方式です。楽なやつを先輩に聞いて授業を選択していきます。

基礎の授業は、普段研究室にこもって研究している先生から受けます。研究者なので、とっても試験が難しいことが多いです。基礎のはじめは大抵解剖学かなと思うのですが、医学部の通過儀礼の解剖実習が入ったりします。ホルマリンと寒さ、そして試験がきつかったのは覚えています。また勉強は急にがちんこ暗記!!!って感じになるため、それに対応できない人はちょっとつらいことになります。。(追試地獄…)

臨床の授業は、普段病院で働いている先生から受けます。臨床医なので、授業も試験もさっぱりしていることが多い感じがしました。(試験は難しいこともある)

 

☆4年生~6年生

いすから開放されます。

・基礎配(基礎の研究室に配属され、研究をします)

・CBT、OSCE受験(ポリクリという臨床実習に入る前に受ける全国共通の試験)

ポリクリ実習(班に分かれ、2週間ごとに違う科をローテーションし、全部の科をまわります)

クリクラ実習(ポリクリの進化版。回る科を自由に選ぶことができ、できることも少し増えます)

・卒業試験

・国家試験

 

全部乗り越えると、晴れて研修医(一年目)!です!

 

【もろもろのギモン】

☆試験はどんなかんじ?

 よゆう~超鬼畜までさまざま。1ヶ月に6つ試験が入ったりということもある。

 

試験、厳しかったです笑 暗記がかなり得意な人(現役生とか)はすすっと前日のみの勉強でいけたりもしますが、量がとんでもなく多いです。記述試験だったりすると、過去問の答え(ノート3冊分)を空でかけるくらい暗記したり(1ヶ月くらいひたすら)してました。。今となっては何も覚えていないですけどね笑 あと試験によって難しさにムラがあります。先生が変わると問題が変わったりするので、1年上の先輩から情報を仕入れるのが一番です笑

 

☆勉強は?

  過去問と資料の調達

 →過去問が理解して解けるように本やネットで調べる

 →暗記!!!

 →試験前日にはテスト形式で時間をはかって過去問を解く

 

まず過去問(3年分くらい)をみて、先輩や同級生の情報を考慮しながら、勉強で使う資料や本の調達をして、次に過去問が解けるように関連情報や覚え方や図や参考書の参照ページなどを過去問を印刷した紙に、書き込んでいきます。

それをひたすら暗記!(私は3回やればなんとなく覚えるので、3回繰り返します。間に合わないときは2回笑)そして前日にもう一度詰め込む。

って言う流れで、全部の試験がんばっていました。一回その科目の本を全部読んで理解してから、過去問に入るという勉強をしている人は、追試にかかったり、間に合わなかったりしていたので、まず過去問、なのかなーとは思います。時間と頭の良さがあれば、成書とか読んでもいいと思いますけどね‥

また新しい知識だったり、さらっと書いてありすぎて意味不明なところは、大抵本にはのっていなかったので、ほんとにグーグルさんにはお世話になりました笑 本も必要ですが、ネットで検索して論文や暗記用サイトを利用するのも大切なのかもしれないです。

あと勉強を早くしすぎるのも、遅すぎるのも致命的だったりするので、自分にあう暗記法は早めに見つけたほうがいいかなって思います!

 

☆勉強会ってするの?何するの?

 班の人と1年生からしていた勉強会は今でもしています。一緒に勉強する存在というのは、とても大切です。 

 

医学部に入ってから最初にできた班の人とは1年生から、飲み会や勉強会をしていました。ほんといい班にめぐまれたかなーと思います。遊びと飲み会だけして、勉強会はしない班ももちろんあるので笑

一緒に勉強することのいい点は、ほかの人が同じ時期に、どういう勉強をしているかわかること、知識を《あ!この人が言ってた!》と思い出せること、いろんな部活の先輩からの資料がもらえること…などなどいっぱいあります。方針が違ってきたりして、うまくいかないことももちろんあるのですが、なんだかんだ話し合いで解決しています。

自分の班でしていた勉強会は、テーマごとに担当を決めて、試験範囲のプリントの解読と、過去問ではどんな問題が出ていたか、どんな風に勉強していったらいいか、を発表する形式でした。正月に、試験前、深夜2時まで集まってやっていたのはいまでも懐かしいです笑 現在は国家試験の勉強会をしています。

なので、まあ、とりあえず勉強会はしたほうがいいと思います!

 

☆部活ってはいったほうがよい?

んー入ってもいいし入らなくてもよいと思います。

部活に入らないと過去問が手に入らないのでは‥って聞いたことありますが、大体は学年の共有フォルダかラインかで、試験の情報は過去問含め回ってくると思います。部活ごとに回ってくる情報などもあるにはあるのですが、学年の共有の情報だけでも大丈夫だと思います(笑)

運動部に入ると、医学部の場合東医体、九山という大きな大会があるので、学外の友人ができたり、国内旅行に行けたり、新入生や後輩OBやOGの先輩や先生とも絡めたりするので、いいことはたくさんあると思います!ただ、出費はかさむので、もとからリッチな人でない場合、バイトは必須になるかと思います。

私のようにゆるーい研究会だけ入るというのも手かなと思います。高校時代は私、結構部活(文化部だけど)がんばってたので、縛られない生活はほんとに楽しんでいます。

部活と研究会と掛け持ちの人もいるし、研究会のみでバイトや趣味を頑張ったり、部活に縛られずに時間を使っている私みたいな人もいます。年上の人や結婚もして子供もいたりする人は研究会だけの人多い気がしますね。再受験生とかでも部活バリバリやっている人もたまにいますけどね。

とりあえず、なにかしら入っておくと、学内外や病院内の知り合いが多くなり、将来お仕事しやすいのかもな、とは思います。

入らなくても、地元の人で知り合いが多いとか、コミュ力や人間力が高くて部活とか入ってなくても有名で知ってる人が多いとか、実習や追試にかかった縁で先輩や後輩や先生と絡んだりとか、、色々パターンはあるので、全然ありだと思います。

 

☆留年ってするものなの?どんな理由で?

あるあるですね。

自分の学校は多いほうだと思いますが、1学年‥平均したら20名くらいですかね(少なくて5人多くて30人)

理由はどんな感じかというと‥

・出席が足りなかった

・必修の試験を落としてしまった

カンニング疑い(本当厳しいです)

・一般科目だからとなめすぎて、出席日数か試験か課題でなにかやらかした(1年生)

・病気のため(メンタル、身体ふくめ)

・そもそも学校でみたことがない(留年を繰り返しまくっていて)

・態度がちょっと悪すぎた(実習など)

こんな感じですかね。。追試地獄で留年の危機だったけど、全部乗り越えている友人もいるので、まじめに、そしてたとえ追試にかかっても必死に、頑張れば大丈夫かな、と思います。追試にかかった場合、補習みたいな感じで研究室や医局に呼び出しされたりするのですが、それをきっかけに質問をしに行ったり、を繰り返していたら、先生と顔見知りになり、今でもかわいがってもらえてる、ということもあるみたいなので。追試にかかると辛いけれどいいこともあるようです。

 

☆恋愛は?医学生モテるの?

学部内恋愛はおおいかなーと思います。先輩や後輩、同級生で付き合っている人、看護学科のかわいい子と付き合っている人もいます。色々あって、ちょっとドロドロしている学年もあると聞いたりもします‥(こわ!)

同棲や半同棲している人も多いかなと思います。学生のうちに結婚して、子供をもうける人もいます。

 

男子は医学生だからと言って、モテるかというと微妙みたいですね。いうまでもなく女子はモテないと思います笑(かわいいor話が面白い人は別!) 医者になると、たぶん男子はモテるのかもしれないですね‥。あと学校にもよるかと思います笑

私は浪人の時に出会った彼氏さん(他学部です)と今でも仲良くさせてもらっています!そういう人は数人いますかね。遠距離で別れちゃった人ももちろんいますが。。本当にありがたいことです☺

 

女医さんの離婚率がすごく高いっていう話を同級生でたまに語ったりします笑。もしかすると旦那さんより稼げてしまったり、仕事が忙しくなりすぎてコミュニケーションとれなくなってしまったり‥なんですかね。気を付けたいです笑

 

 

そんなかんじですかね。。

最近はほんとに試験やスケジュールなんかも厳しくなっているみたいなので、

1年生、ほんとに頑張ってほしい、そして、ちゃんと大学生活をエンジョイしてほしいです!

それでは(^^)/

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村